マイナス美学.

2003.09〜Eighter!!!!!!!

眠れない夜は抱きしめてあげる.




寝れるはずもなく。まだ信じられなくて何度も発表文を読んでいます。




フラフラの時、1stソロツアー、2ndソロツアー、「すばるくんがいなくなってしまうかもしれない」と思いました。大きく言えばそこ。今までに何度もあった。


いつからか、エイトレンジャーでしっかり伝えてくれなくなった。こないだのタイトル「あ」だった事、引っかかってた。そんなとこに隠さないでよ。


Answerはこれからの決意表明。みんなと次のステージ、だと思ってた。すばるくんの、だったね。



If or...の会見での「2年は仕事頑張りたい」って言った意味が分かった。


関ジャムで「島唄」歌った時の章ちゃんの優しいというか、愛しくて仕方がないという視線は、すばるくんを目に焼き付けておきたかったんだよね。

あと何回、一緒にやれるか。関ジャニ∞の中ではカウントダウンが始まってたから。


「未定壱」復活も、やすばでLIVEも、40歳でエイトレンジャーも、やってない事まだあるのに。


新年会やった時、もう既に考えてたはず。なのに、何故?

アメリカに一人旅した時も。楽しそうにスバラジで話してて、すばるくんが自分を抑えられなくなるって恐かった。






渋谷すばる渋谷すばるだった。


死にたい、死にたい、ばかり考えて自分を傷つけていた私を救ってくれたのはすばるくんの歌、言葉、笑顔。

眠れない夜はエイトの曲を聴いて過ごしてた。

エイトを見てる時だけ、落ち着いていられた。


ヨコヒナがすばるくんを送り出す事を決めたなら、きっとそれが正しい。

でもね、ずっと一緒にいてほしかったよ。